仕事を含めた常日頃の出来事を皆さんにちょっとだけ紹介。HPにも是非来てください。https://assurance-car.com 【写真はクリックで拡大】
今日は、お仕事を前倒しにしたのでお休み~(^O^)

まだ空気は乾燥していますが、暑くなってきたため
家中の加湿器を綺麗に洗い、乾燥させて片付けました。

物のお話しついでに、久しぶりにランタンのお話し。

部品が揃った2台のランタンのオーバーホールが終わりました。
とても古く、既に生産もされていないため部品入手まで大変でした。

先ずはオーストリア製の、非常に小さいケロシンランタン。

Ditmar 581
ディトマーのランタンですが、フレームの錆が結構酷かった。
その他の部品は真鍮製なので磨けば光ります。

探していた部品は、ニップルとニードル。

とても小さな部品ですが、ここから燃料が噴射されるので
心臓部と言っても良いぐらい大切なパーツです。

常に燃料と熱が掛かるので穴が塞がったり、
クリーニングする針が駄目になってしまっている事がよくあります。

既に磨き上げてある部品に組み付けて完成です。
本来オーストリア製であるランタンのですが、このタンクには
MADE IN GERMANY の刻印が入っています。

実は1938年ナチス・ドイツのヒトラーに、オーストリアは併合された為
それ以降に製造されたランタンには、ドイツの刻印が成されたのでした。
ちなみにこのランタンは、1944年6月製造です。

1955年オーストリアの再独立までに作られた製品は全てドイツ製扱い。
ちなみにヒトラーはオーストリア生まれなんですけどね…(^^;)


さて、2台目はスイス製のガソリンランタンです。
見た目はケロシンランタンですね。

スイス軍の装備品として作られたモデルで、
真鍮やアルミなどの高品質で良い素材で出来ています。

HASAG 551 LD
LDのDは、発光部であるマントルの2重結合を表すとも言われています。

見た目は良かったのですが、バラしてみると必要な部分が
意図的に切られたような感じで欠落していました。(T_T)

タンクに収まる部品なのですが、
このままでは燃料を吸い上げることが出来ません。(-_-;)

真鍮パイプを溶接しようと考えていたのですが、
何とデットストックの新品を手に入れることが出来ました。!(^^)!

1950年代製造のランタンなので、部品も一期一会。

こちらのタンクに組み付けていきます。
ランタンを落として歪んだらしく、叩いて直した痕がありました。

内側から叩いて凹みを直したようですが、どうやって内側から?

無事組み上がり、やっと完成致しました~
このランタンにはギミックが沢山あって面白いんです。

左のミルクカップの様な物は、アルコール燃料を入れるところ。
ここに注ぐと、パイプを伝って余熱カップに給油が出来ます。
余熱カップの網カバーを上げ、フレームにある蓋を開けて着火します。

ピカピカになったランタンを見て満足~(^_^)v

膨大な量のランタンが増えたため、近々放出する予定ですが
この2台はコレクションとして、手元に大切に留めたいと思います。(^-^)

先に説明した、タンクをどの様に内側から叩き直したのか…

答えはこちら。(^_^)/

タンクの底に穴を幾つか開けて棒を突っ込っこみ
凹みを叩いて直したのでした。何と大胆な!(@_@)

何とその穴を、1フラン・2フラン・5フラン硬貨を溶接して
穴を塞いであるんです。おっ洒落ですよね~(^O^)

たまたまポケットにあったコインを使ったのでしょうか。
当時の様子を色々と思い馳せます。

圧を掛けても漏れもなく、しっかりと溶接されておりますが、一応
内部洗浄をしたあとに、念のためシーリング加工をしておきました。(^_-)

私の元に来るまでに、他国で何十年もの時間を経てきたこのランタン達の
ストーリーを、ウィスキー片手に火を灯して想いに耽ることにしますかな…

拍手[0回]

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
t.ito
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1969/01/16
職業:
カーコーティング・保険全般
趣味:
車、カメラ、キャンプ、時計
自己紹介:
ディーラーの整備士、保険会社社員を経て独立。遊び大好きな二児の父。
ブログ内検索
最古記事
(07/14)
(07/15)
(07/20)
(07/22)
(07/23)
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
バーコード
アクセス解析

Copyright © [ アシュアランス ブログ ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks :
Commercial message :